金箔文化財のアーカイブ・複製プロジェクト

伝統ある京都西陣の箔工芸技術が高精細複製美術品を創り出しています。


箔工芸作家・裕人礫翔は、西陣の箔工芸技術を応用し、
建仁寺の風神雷神図屏風をはじめとして
数々の国宝や重要文化財等の複製に取り組んできました。
京都の伝統工芸師が創りだす高精細複製美術品の数々が高評価を受けています。

裕人礫翔

その金箔が施された文化財の複製作品の技術には、
あの伊藤若冲のコレクターとして有名なジョー・プライス氏も感銘も受けました。

デジタルアーカイブ・複製プロジェクト


GOLD LEAF KYOTO(ゴールドリーフキョウト)の
デジタル・アーカイブプロジェクトは、
西陣の伝統技術「箔工芸」の職人・伝統工芸士らによる
「金箔」を使った美術品・文化財の複製を手がけるプロジェクトです。

職人の熟練した技術により、今ある美術作品を忠実に復元することはもとより
数百年前の状態の金箔の状態を再現した美術品の複製等
お客様のニーズに合ったご提案することが可能になりました。

金箔を施された美術品のオリジナルは撮影し記録する事で保存し
複製する事で後世への文化の継承を実現するとともに、
京都・西陣の箔工芸を中心とした、伝統産業の後継者育成を進めて参ります。

デジタル・アーカイブ実績(一例)

建仁寺、南禅寺、妙心寺、相国寺、隨心院、二条城、名古屋城などに収められた障壁画の複製に注力。メトロポリタン美術館、シアトル美術館など日本国外で所蔵する作品の複製にも多数関わって参りました。

文化財の高精細複製品制作の流れ

1.お問い合わせ

金箔が施された文化財(屏風、襖絵、掛軸、巻物など)の
複製をご希望される方は、まずはお問い合わせください。
作品の内容をお電話等でお伺いいたします。

2.作品確認・お見積り

実際に現物を拝見させていただき、
現況を確認させていただいた上で、お見積と納期をお伝えいたします。

3.撮影・記録保存

高精細デジタルカメラを用いた作品撮影を行い、
高精細な画像データとしてその内容を記録・保存致します。(デジタルアーカイブ)
※ご予算に応じて、いったんはここまでで終了することも可能です。

4.プリント

大判プリンターで多色印刷を行います。
原本の画像データから、忠実に色彩を再現することができます。
試し印刷後、原本と照らし合わせることで、より高度な複製品として仕上げます。

5.金箔加工

西陣の伝統工芸技術を用いて、金箔が施工されている部分の加工を行います。
金箔だけでなく、銀箔が用いられた部分の複製も可能です。

6.表装

最後は、京都の表具職人の手によって、表装が施されます。
制作はプリントから表装まで一貫して京都で行います。

7.納品

お客様の保存先まで輸送・設置させていただきます。
金箔が施された文化財をお持ちの方で、
高精細な複製をご希望される方はこちらよりお問い合わせ下さい
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号 (必須)

問合せ内容

お電話075-431-5676でも受け付けております。

※複製を製作する前に、万が一のためのデータ撮影だけのご依頼も受け付けております。箔の独特な質感を独自の技術により、将来的に複製が可能な状態の写真とデータにて保存させて頂きます。