妙心寺「竜虎図屏風」高精細複製画奉納

京狩野派の祖、狩野山楽の筆による重要文化財「竜虎図屏風」を高解像度スキャナーで入力し、そのデジタルデータをもとに和紙に印刷。更に、印刷では表現できない金箔を伝統工芸士・裕人礫翔が経年変化した現在の金箔と同じ状態で再現致しました。
また、2006年11月に完成した同屏風は、2006年11月15日にニューヨークの(財)ジャパンソサエティで行われる「次世代への文化継承」展に出展された後、所蔵先である妙心寺に奉納されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *