文化財未来継承プロジェクト記者発表

posted in 展示会情報

文化財未来継承プロジェクト記者発表

2007年3月6日、東京国立博物館において、文化財未来継承プロジェクト記者発表が行われました。

文化財未来継承プロジェクトとは、下記の3つをテーマにして、屏風や襖絵、水墨画などの文化財をデジタルデータとして保存、すると共に、デジタル技術と伝統工芸を応用して高精細な複製品を作成するプロジェクトです。

(1)海外に流出した作品の里帰り
明治時代の廃仏毀釈の影響や、第2時世界大戦後の混乱で海外に流出した文化財を構成斎複製絵として再現し、かつてその作品を所蔵していた社寺に里帰りさせることを目的としています。

(2)日本を代表する水墨画
室町時代の画聖 雪舟によって開花した、日本文化において極めて重要な水墨画作品を対象とします。

(3)歴史をひもとく文化財
歴史教育の現場で生きた教材として高精細複製画が活用されることを目的として、小・中学区尾の歴史教科書で一度は見たことがあるような文化財を対象とします。

裕人礫翔による金箔加工の実演も行われました。